ベジタリアンとビーガン   

2009年 02月 26日


今回は、ちょっと真面目な話。

3年程前、当時食品会社働いていた私は、
一週間ほど休暇を取り、父と一緒に姉が住むNYを訪ねた。
そして、そのとき初めて姉の旦那さんに会い、
彼がベジタリアンであることを知った。

日本ではベジタリアンはマイノリティ。
でも、アメリカではもっとベジタリアンがメジャーで、
それほど珍しいことではない。
そして、多くのレストランにベジタリアンメニューがある。

でも正直、そのときは彼がベジタリアンと聞いて、
「え!?私は絶対ベジタリアンはイヤや。」
と思った。
一つは、単純に私の大好物は焼き肉とお刺身だからだった。

今考えたら、アホっぽいこと堂々と言ってたなあ
思うけれど、もう一つ私には大きな偏見があった。
「なんか、ベジタリアンて動物愛護みたいでイヤやなあ。」
人間も動物。
食べないものを殺すことは良くないけれど、
生きていくために食べるんやったら、
問題ないんちゃう?
何となく、ベジタリアンの考え方が偏っている感じがしてイヤやなあ。
そう感じていた。

まあ、そうは言っても私は大して知識もなく、
色んな人がいるし、色々話を聞いてみたいなという程度で
深く考えなかった。


===================================================


旅を初めて3ヶ月目にフランスの「エコロニー」という
エコカルチャー兼オーガニックフードの
農場コミュニティでボランティアをした。
そこでの食事は毎食ベジタリアンフード。
また、田舎で車がないと動けない環境だった為、
仕方なく丸1ヶ月間、生まれて初めてベジタリアン
生活を送った。

ベジタリアン生活を初めて一週間目、
驚くべきことに、なんと体質の変化を感じた。
便通も良く、体温が上がり、感覚的なことだけれど、
毎日の体調がめちゃめちゃ良かった。
免疫力も上がったんだろう。
当時、雪が降る農場で一日働いても風邪もひかず、
冷え性だったハズなのに、
「寒いなあ」と思いながらも耐えることが出来た。
その経験を経て「ベジタリアンも悪くないな。」
と感じるようになった。

只…、
やはり、私はお肉もお魚もめっちゃ好き。
その結果、そんな感動も束の間。
1ヶ月後、コミュニティを離れバルセロナへ着いた瞬間に、
イベリコ豚を食べ感動した。
「やっぱり私はベジタリアンにはなられへん…。」
と感じたのだった。

===================================================

それから、数か月が経った。
最近ある文章に出会い、
ベジタリアンに対する自分の考えが大きく変化した。
私にとっては大きな変化だった為、
今、ここに書き留めています。

ベジタリアンやビーガンは、
人によって食べる制限も考え方もそれぞれ。
だから、これはあくまでも
あるビーガンの人の考え方です。

以下引用。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
何故、ビーガンなのか??
(※ビーガンとは牛乳も卵もとらない完全菜食のこと。)

まず第一は、動物の生きる権利を守ること。
食用とされる動物の多くは、大量消費に合わせて大量生産されるため、
狭い檻にいれられる。ひしめき合いながら餌を与えられ、糞にまみれ、
太り、殺され、スーパーマーケットに陳列され、食卓へ上る。
人々が肉を大量に食べれば食べるほど、動物は大量に殺される。
買えば買うほどこの悪循環は加速する。

私たちは毎日、肉や魚を食べなくても生きてゆける。
毛皮や皮製品がなくても生活になんら問題ない
(原住民や地理、環境的に食事や衣服などに選択肢がない人々ではなく、
食事や生活にある程度、選択肢がある人々を指している)。
必要最低限に肉食や魚食を抑えることで、その分殺生が減る。
革製品を買わないことで、その分殺生が減る。
動物実験していない商品を選ぶことができる。
新商品を買わなければ、新たな商品開発のために動物実験が行われずにすむ。

第二は、肉食が飢餓、貧困、自然破壊を広げる原因になっていること。
現在の世界人口は65億人(2006年)。
うち、飢餓状態の人口は8億5千万人。つまりは7.5人に1人が飢餓状態に
おかれている。では、どうして肉食が飢餓を広げているのか?
それは、家畜が大量の穀物を必要とするからだ。

例えば、牛肉1 キロ作るのに、10から30kgの穀物が消費される。
牛肉で養える人数を1人とすると、穀物で養える人数は10人になる。
つまり、肉食が増えれば、その分だけ穀物を食べれなくなる人が増える。
また、この穀物をつくっているのが、皮肉にも飯がろくに食えない地域の人々だ。
彼らの作った穀物は、自分の口には入らず遠い日本やヨーロッパの動物の餌になる。
そして、この穀物を食べた動物を私たちは食べている。(飢餓と肉食参照)

さらに、家畜は森林も気持ちよく破壊している。
過去40年間で、南米の熱帯雨林の40%(1750万ヘクタール)が
輸出用の牛肉を生産するために破壊された。破壊された土地に家畜が放たれ、
過放牧により植物は食いつくされ、次第に侵食され土地が荒れる。
その他にも大量な家畜が原因でメタンガスや二酸化炭素が増えている。
そして大量な水も必要とする。
ちなみに牛丼一杯をつくるために使われた水は1890リットルになるといわれる。
また、これは家畜だけではない。
日本人は世界で一番エビを大量に食べている。
このエビを作るために東南アジアの国々はマングローブの林を切り開き養殖場をつくる。
金がないから抗生物質を使用する。抗生物質により池は汚染され、
新たな林を切り開き養殖場をつくる。
過去20年間で25%のマングローブの林が失われた。
うち1/3はエビの養殖地によるといわれている。

第三は菜食が身体にいいこと。
ビーガンやベジタリアンの食生活は肥満、心臓病、高血圧、糖尿病、
腸ガン、肺ガンや腎臓の病気にかかるリスクを低くする。
また、野菜や果物を多く取ることは、心臓血管の病気、
いくつかの一般的なガン、そして黄斑変性症や白内障等、
他の慢性疾患のリスクを低くする。(WHY  VEGAN?より)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここでもう一度。
前まで私が考えていたこと。
「人間も動物。
 食べないものを殺すことは良くないけれど、
 生きていくために食べるんやったら、
 問題ないんちゃう?」

だけど、今現在は人間が増え、
肉の消費も増えている。
だから、既に生態系も食物連鎖も崩れているのだ。
以前はその事実をすっ飛ばして、私は考えていた。
もはや、「生きていくために食べる」
ということは、今の行き過ぎた消費社会では成り立っていない。
その社会で生きている以上、
「生きていくために食べる」という理屈は
通ってへんのやなあということに今更ながら気付いた。

あー、驚くべきことに。
自分の考えが意外なところから崩れた。


======================================================

でも私は、全員がベジタリアンになるというのは、
現実的ではないと思う。
世界には食事の選択が出来ない地域もあるし、
そういった地域では、肉の栄養素が重要だ。
それに、ベジタリアンはある程度お金に余裕がないとなれない。
考えるところはあるけれど、
私も実際、ベジタリアンやビーガンにはなりたくない。
焼き肉とお刺身はやめられへんな…。
だけど、まずは肉や魚を食べるのをちょこっと減らせばいいと思う。

世の中には色々な人がいて、
旅に出て、色んな人との出会いがあった。
貧困や紛争の現場で人助けをしてる人、
世界各地で学校を作っている人、
日本で、旅について講演を行っている人。

私は、それぞれが素晴らしいなと思う。
だけど、私がそれと同時に大事だなと思うことは、
大きいことをする前に、日常生活を少しだけ変えてみること。
というか…、
正直私はそんなに人生掛けて大きいこともできないし、
まずは自分が楽しい時間を過ごすことが一番大切だと思うから。

「世の中の為」に、イベリコ豚や焼き肉やお刺身を
やめた方がいいかもしれないけれど、
ハッキリ言ってやっぱりやめられない!
私は、やっぱり目の前の自分の満足感を選んでしまう。
「人の為」とか「世の中の為」とか口では簡単に言えるけれど、
やっぱり自分がまず満足して、楽しまないと何事も続けられないと思う。


だからせめて…、
ちょこっとだけ自分の生活を変化させてみようと思う。
一人がベジタリアンになるよりも、
10人が肉を少し減らすことの方が大きな力になると思うから。
それと、色々と大きいことを言うよりも、
日常生活でちょっとした行動をしていくことが大切だと思ったから。

そんなことを考えながら、昨日も屋台で焼き鳥を食べ
満足感を得て、幸せになったのだけれど…。

=================================================

さて、グァテマラ生活もそろそろ終わりです。
これから、またもや予定変更をしてメキシコ南部に向かいます。
中米を旅する予定も当初はなかったのに…、
いつ中米の旅が終わるのかも見えなくなってきました。
だけど、心で感じた通りに動いてみようと思う。
先のことは考えず、今出来ることを楽しもう。
それでは、次回は多分メキシコから。


English Version


Vegetarian and Vegan

I'll write a serious story this time.

Three years ago, I visited my sister's house in NY,
when I worked at the former food company and
I got a vacation for a week.
And then, I met my brother in law there for the first time,
and I knew he is a vegetarian.

There are more vegetarians in USA than in Japan
Vegetarians are anything but uncommon in USA,
and there are a lot of vegetarian menus at the restaurants in USA.

To be honest, I thought at that time,
'I don't want to be vegetarian!!'
That's because I like grilled meat(Korean style!)
and sashimi very much.


Now I come to think of it, I said a stupid thing without shame,
but I had one more prejudice like that...
'I didn't want to be vegetarian,
because they seem very extreme.


Human is one animal as well.
I thought
it's not good, if we don't kill any animal
because we need to eat.
It's okey if we eat everything.
It's not a problem, is it??
I thought they(Vegetarian) have a litte bit extreme thinking.

Anyway I didin't have a lot of knowledge,
so I wanted to know a lot of things about vegetarian,
because there are diverse people in the world.

===================================================


Three months after my trip started,
I went to 'ecolonie' in France, which is an ecology and
organic agriculture community, I went to volunteer.
I had vegetarian food every day there.
there is a lot of countryside,
and I couldn't go anywhere because I didn't have a car,
so I had a no choice but to have only vegetarian food for one whole month.

One week after I started having vegetarian food,
surprisingly, I felt my body was changing.
I was more regular, my body rose tempereture,
I felt my phisical condition was so good.
Maybe immunity was getting better than before,
because I never got a cold at that time,
even though I worked at a snowing place all the day.
My blood circulation is not good,
and that has prevented me from doing some things,
but at that time I was able to do that job,
even though It was still cold.
So I was thinking 'Vegetarian food is not bad.'


But...
I still like meat and fish very much.
So shortly after I had a iberico pork
and I was impressed with that taste,
when I left ecolonie and I arrived at Barcelona.

I thought at that time,
'I can't be vegetarian any more...'

===================================================

A few months had passed.
I read one article about vegetarian,
and my thinking was changed largely.
For me it was a big changing,
so I want to write about this thing.

About vegetarian and vegan
of couse attitude is different from each other.
So the following article is just one person's thinking.

citation.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Why I am vegan??
(※vegans don't have any milk and eggs, they have absolutely only vegetable.)


First, we have to protect the right for animal to life.

Most of the animal for food are mass-produced for mass consumption.
they are fed in a very very small place,
they are covered in their own shit,
they get fat,
they are killed,
they are displayed at the supermarket,
and then we eat them.
The more we eat meat, the more animals are killed.
The more we buy meat, the worse this circle continues.

We don't need to eat meat and fish everyday.
We don't need fur and leather product,
but we buy them anyway.
(I mean it's not including rural people
who have no choice to have any meat
if they live in such a place as a high mountain and so on,
but those who can choose their food to some extent.)
If we eat meat and fish at minimum,
we can lose the butchery.
If we don't buy fur and leather products,
we can lose the butchery.
we can choose the product for which experiments on animals is not done.
If we don't buy new items,
we don't need to do experiments on animals for developing new items.


Second,
eating meat causes starvation, poverty, destruction of nature.
Now there are 6.5 billion people in the world('06),
of which 850 million people are starving.
That is to say, 1 of 7.5 people is starving.
So, why does eating meat cause expanding the starvation?
Because live stock needs a lot of grain.

For example,
if we want to make beef 1kg, we need grain 10-30kg.
For example, if we provide beef for one person,
and instead provide grain for ten person.
That is to say, if we eat meat more,
somebody can't eat grain.
And people making grain live in poor places.
They don't eat grain made by theirselves,
and it is exported to distant countries such as Japan or Europe,
where is animals eat it.
And then we eat that animals.

Moreover domestic livestock absolutely destroy forest.
Over the past 40 years, 40% of the south American rainforest
(1750 hectare) have been destroyed for producing beef for export.
People house domestic animals at the destroyed place,
the animals completely eat all of the plants,
because of too many domestic animals in the small place.
Guradually the place is eaten away and becomes desolate.
A lot of domestic livestock cause more methane gas and CO2.
It needs a lot of water.
For example it needs 1980L of water
for making one bowl of Yoshinoya beef bowl.
And it means not just domestic livestock.
We Japanese eat more shrimp than any other country.
Southeast Asian countries break mangrove and make a farm.
They destroy a new forest and make a farm for shrimp.
Over the past 20 years, 25% of the mangrove has disapeared,
of which one third is the farm for shrimp.

Third,
vegetarian and vegan food is good for our body.
It decreases the risk of obesity, heart disease, high blood pressure,
diabetes, cancer of intestines, cancer of lungs, and disease of liver.
And eating a lot of vegetable and fruit decrease the risk of
disease of blood vessels of the heart, some kind of cancer,
macular degeneration, cataracts, and any other chronic disease.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

So once again.
I thought before like that,
'Human is one animal as well.
I thought
it's not good, if we don't kill any animal
because we need to eat.
It's okey if we eat everything.
It's not a problem, is it??'

But now humans increase more and more,
so we eat meat much more than before.
For this reason,
it has already broken the ecological system and ecological chain.
Before I thought about it without the above facts.
But now I can't say any more
that 'we eat animal in order to live.'
in our consuming society.
Now I realize that we already eat too much meat,
we just live in our consuming society.

Surprisingly my thinking was changed by the aforementioned sentences.

=======================================================

But I don't think
it's possible that everybody can become vegetarian.
There are places which people don't choose any food in the world,
and those places, it's important for people to eat meat for nutrition.
Moreover we need more money, if we want to be a vegetarian.
Of course I have to think about this problem,
but I still don't want to be a vegetarian.
I can't quit eating grilled beef and sashimi...
But, first I can reduce eating meat and fish.

There are many diverse people in the world,
and I met a lot of people in my trip.
A man who helps people at the developing country
or places of conflict.
A man who makes schools elsewhere in the world.
A man who gives lectures about his trip.

I think everyone is wonderful.
But I also think that it's important for me
to change my daily life a little bit.
I mean...
I can't do big things devoting my life,
and I think that enjoying myself all the time is the most important for me.


Maybe...
I have to quit eating iberico pork, grilled beef, sashimi.
if I want to help the world environment.
But... to be honest, I can't.
I'll choose my own satisfaction before others.
I can just say 'for people' 'for the world' easily,
but I think I can't help the world if I can't enjoy myself.


So I'll change my daily life a little bit at least.
It's more significant that 10 persons reduce eating meat
than one person becoming a vegetarian.
And I think it's more important to do something a little in our life
than just saying wonderful things.

Anyway I ate grilled chicken,
I was full and felt happy yesterday,
while thinking about all of that.

=================================================

By the way, it's about time to leave Guatemala.
From now I'm also going to change my plan
and go to south of Mexico.
At first, I didn't think I would travel around central America...,
but now I don't know when I'll finish my trip of central America.
Anyway I will do what I want to do.
I don't think in the future, and I just want to enjoy now .
So, next time maybe I'll write from Mexico!!
[PR]

# by noetabi | 2009-02-26 07:18 | マジメな話

グァテマラ生活   

2009年 02月 15日

シェラでの日々
b0157430_0583956.jpg


スペイン語の勉強にはまってしまいました。
楽しい…。
英語ももっと勉強して、友達になった皆と
ゼマ家ともっと内容の濃い会話をしたり、
多文化を知ったりしたいと思っていたけれど、
スペイン語もまた面白い。


この歳になって、全く新しい言葉を学ぶことはいかがなものか?
しんどいのでは?と学ぶまでは若干ネガティブに考えて
しまっていたけれど、逆に「出来なくて当たり前」という
気持ちがいいみたいで、一つ覚えるごとに喜び、
少しコミュニケーションを取れることに喜べる。
そして、スペイン語圏の人はコミュニケーションの距離が
英語圏よりも更に近い感じがします。
ここ、シェラが特にそのような傾向があるのかもしれないけれど。


例えば、NYに行ったときのこと…、
英語が速くてわからないとき、
「わからないのね、あなた。」
という感じで、相手が自分に合わせてくれる
といった雰囲気がない人も多かったように思う。


でも、ここシェラの人たちは本当に
すごく親切に耳を傾けてくれて、
しかも場合によっては、
店先で辞書を出して話し出す私のスペイン語を
待ってくれ、そしてその会話を結構楽しんでいたりする。
この優しさに結構深く感動する日々…。
b0157430_0544875.jpg

ホームスティ先のアントニエッタ。このおばあちゃん、めちゃカワイかった。
b0157430_0552718.jpg

スペイン語の先生、カルロス。25歳。

ここは日本人村

ふきが泊まっているタカハウスにお世話になっています。
日本食も食べれるし、
皆遊んでくれるし、
スペイン語勉強している人も多くて、
教えてくれたり。
とてもいい環境です。
b0157430_057525.jpg

皆で山登りしたり。
b0157430_0573686.jpg

うどんを作ったり。

English Version


life in Xela.

I'm fascinated with learning Spanish.
I'm enjoying it very much.

Before I wanted to study English very much,
because I wanted to communicate with foriegn friends
and Zema family more deeply.
But now I think learning Spanish is very interesting as well.


I'm 28 years old,
how do you think I am at learning new languages?
I thought before it's difficult for me to learn new languages,
but now I have a lot of fun.
That's because...
I think I can't understand Spanish,
so I'm happy if I am able to remember new words,
and I am able to communicate with local people,
even for a litte bit.
And moreover I feel spoken Spanish is friendlier
than spoken English when we communicate,
especially in Xela.


For example...
before I went to NY,
one day I couldn't understand English,
because one person spoke very fast.
But she gave me a look like,
'You can't understand English,
so I am wondering how to communicate with you.'
She didn't try to understand my English.

But here, many people try to understand my basic Spanish.
Moreover sometimes they look like they enjoy it,
when I tried to communicate with them with a dictionary.
These days I'm impressed by their kindness.


There is a Japanese community in Xela.

I am staying at Taka house with my friend, Fuki.
I can eat Japanese food,
and everyone can play with me,
and a lot of travelers study Spanish,
so sometimes they teach me Spanish.

So it's a good enviroment for me.
[PR]

# by noetabi | 2009-02-15 00:58 | グァテマラ

ティカル~リオドルセ~そして、シェラに到着。   

2009年 01月 27日

やはりティカルは美しかった…。

念願のティカル遺跡へ行ってきました。

アルゼンチンの山パタゴニアとアコンカグアへ行くため、
アルゼンチンの山の麓メインドーサでファームスティをするため、
時期的に全てをこなすことは難しいとの判断から、
当初は泣く泣くティカル遺跡を飛ばす予定だったのですが…。
12月に、今グァマテラに滞在中の友達の妹からメールがあったので、
急遽予定を変更して、このルートを辿っています。

私としては、ティカルを飛ばすことはかなり勇気を
振り絞って決めたことなので、このルートに変更して、
「やっぱりティカル行けってことかあ」とか思いながら
のトレッキングとなりました。

何故、私がティカルへ行きたかったのか、というと。
それは、私がこの旅を始めるきっかけとなった本、
『行かずに死ねるか!』の作者である、
石田ゆうすけさんに出発前に本人から直接オススメされた場所なのです。

かなり、ミーハーな理由かも知れませんが、
そういうワケで…、
次回、ゆうすけさんに会ったときに話したいというのもあり、
ここに行くことは、かなり力が入っていました。

b0157430_183584.jpg

めちゃきれかったですよ。
遺跡はものすごい急傾斜の階段で、
そこをビビリながらも上り、
早朝のジャングルの中に見えるティカルを見ました。
b0157430_11148100.jpg

b0157430_193254.jpg

ものすごい角度の階段にビビりながらも、ティカルに登りました。

そして、リオドルセにアンティグアを経てシャラに到着。

フローレスから4時間バスに乗り、リオドルセへ。
ここでは、ジャングルの中にあるホテルに宿泊。
バス停から電話したら、なんとボートで迎えに来てくれ、
ボートに乗ってホテルまで。
ホテルに着けば、孤島でどこにも行けず、
できることはリラックスするのみ。
長い長い移動の後だったので、すごくゆっくりできて、
とても良かったです。
b0157430_1132418.jpg
b0157430_114122.jpg


次の日、火山があるアンティグアへ。
ここは通り過ぎ、一泊しただけで、
そのまま最終目的地のシェラへ。

この道中、スペイン語が話せない私は予想以上に
苦労し、ストレスで唇が切れました…笑
只、ホテルが一緒だったフランス人のおっちゃんが
アンティグアまで連れて行ってくれ、
そして、シェラに着けば、グァテマラ人のお兄さんが
単語会話の私をホテルまで連れて来てくれ、
(しかもバス代も払ってくれて!)
本当に、久々の長距離移動に言葉の問題、
その他色々重なったけれど、
マジで人は全員良かったです。

無事、ふきと合流。
シェラは標高約2300Mで、
たくさんトレッキングポイントがある場所です。
ここでしばらくスペイン語を勉強しながら、
山登りのトレーニングを積み、パタゴニアへ向かいます。


English Version


Tikal is still so beautiful!!

I went to Tikal which I've wanted to go for a long time.

Once I abandoned going to Tikal,
because I wanted to climb mountain of Aconcagua and Patagonia,
and to stay the farm in Mandoza.
I thought it's difficult to do every plan only a few months.

But...
My friend's younger sister is living in Guatemala now,
and she sended e-mail to me last December,
so I decided to go to Guatemala.

※And..., this time I decided to give up going to Aconcagua.


Actually it's hard for me to abandon skipping Tikal,
so at that time I thought this is my destination to go to Tikal!
Anyway, why do I want to go to Tikal?
That's because Yusuke directly recommended this place for me.
Yusuke Ishida is the author of 'I can't die, if I can't go abroad.'
(He is one of my favorite author in Japan.)


It's a very simple reason that I wanted to go there,
but I want to talk with him about Tikal next time,
so I wanted to go there very eargerly!!


It's so beautiful!!
The heritage have a very steep stairs.
I was so afraid of the steep stars,
but I climbed that,
and I saw Tikal sorrounded by jungle.



I went to Rio Dolce and Antigua, and finally I arrived at Xela.

It took 4 hours by bus from Flores to Rio Dolce.
I stayed the hostel in jungle at Rio Dolce.

After I called to hostel from the bus station,
hostel staff picked me up by boat!!
After I arrived at hostel,
I couldn't go outside,
because it was a very small island.
I had no choise to be relax...^^;

But, I was so tired, because of a long distance moving by bus,
so I was so happy, and relaxing was good for my body.

Next day, I went to Antigua,
but just I stayed one night, and go through there.
And I reached the final destination, Xela.
On the way,
it's more hard to communicate with local people
without Spanish than what I thought.
So, my lips was cut, because of stress^^;

But one French man spoken Spanish took me to Antigua,
and one local man sitting next to me in the bus
took me to hostel in Xela(and moreover he paid my bus fare!!).
I really think everybody I met on the way are so nice,
though it's so hard to move a long distance and
to communicate with local people.


Anyway I could meet Fuki.
Here, Xela is located about 2300M,
and there are a lot of place of treking.
So for a while,
I will study Spanish and trrain for Patagonia.
[PR]

# by noetabi | 2009-01-27 01:14 | グァテマラ

グァテマラに着きました。   

2009年 01月 20日

グァテマラに着きました。

b0157430_11104966.jpg


とても大変な国境越えとなりました…。

とりあえず、カンクンからグァテマラの国境越えを
簡単に説明しますと。
カンクン→チェトゥマル(メキシコ国境)
ここで一泊しました。とりあえず、ここまでは問題なかったのですが。
チェトゥマル→ベリーズ
(メキシコとグァテマラの間にある国で、
ここを経由しないとグァテマラには入れません。)

他の外国人がサッサとイミグレを終わらせているのに、
私はなんと止められた。
そう、メキシコビザを空港で間違えて捨ててしまっていたのだ!!
メキシコはノービザで入れると歩き方に書いていたので、
パスポートのスタンプだけでいいと思っていたら、
空港で貰った、小さい紙がビザ代わりらしかったのだ。

イタリア人のおばさんに、
'That's a big problem!'
とか言われながら、
「あー、今日は国境越え無理かなあ。」
と泣きそうになっていたら、
なんと、出国税を倍払ったら通してくれるとのこと。
さすが、途上国。
でも、これって賄賂ではないのか…。
ともかく、ほんまに今回は改めて思った。
「金で解決できて良かった~(少額だったしね)。」
そして、自分の行動に反省です…。
とりあえず、出国できた~と思って、
パスポートのスタンプを確認しながら歩いていたら、

穴にはまった!

何で、こんなとこに穴?
ほんまにコントみたいでした。
皆に引っ張られて、穴から脱出。
「今日はついてないね」とカナダ人のお兄さんに言われながら、
バスに乗る。


そして、ベリーズ入国。
そこで、また私だけ…。
(ヨーロピアン、アメリカ人、カナダ人はビザが必要ないらしい。)
「ビザが必要だ」と言われその場でビザ申請。
なんと!US$50も払えと言われる。
メキシコペソしか持っておらず、ペソで払おうとしたら、
USドルか、ベリーズドルで払えと言われ、
「持ってない。」
というと、これまた怪しい両替商のところへ連れて行かれ、
仕方なしにそこで交換してもらう。

しばらく走り、次はベリーズ出国とグァテマラ入国。
そこでもまたUSドルが必要だとのこと。
仕方なしに両替商のところへ行ったら、
高額なレートだった為、値切っていると、
同じバスのフランス人の女の子がペソと交換してくれるとのこと。
助かった~。

そんなワケで、カンクン→グァテマラ国境越え。
日本人だと、トータルなんとおよそUS$80!!
すごくないですか??

何でも、ベリーズとグァテマラは
外貨の収入が欲しいため、ここでかなり稼いでいるらしい。

ちなみに、断っておきますが、一応情報収集はしていったんですよ。
でも、本当に情報がなかったのと、ビザは基本的に必要ないと
ガイドブックに書いてあったのです。
国境へ行って、蓋を開いたらこんな感じでした。
とにかく、色々大変だったけど、一緒のバスの人がかなり助けてくれました。
本当に感謝です…。

b0157430_11122257.jpg


カンクン→グァテマラ(フローレス)国境越え情報まとめ

①バス
カンクン(Cancun)→チェトゥマル(Chetumal)
・所要 直行5時間半、鈍行7時間
・バス一時間に数本出ています。

チェトゥマル(Chetumal)→フローレス(flores)
・所要 8~9時間
・AM5:00,AM6:00発

②国境
メキシコ出国:100ペソ
ベリーズ入国:US$50 or ベリーズ$100 (ビザ申請)
ベリーズ出国:US$15 or べリーズ$30
グアテマラ入国 US$3 or グァテマラ?ケツァル

※事前にUSドルを作っておきましょう。


English Version

I was arriving at Guatemala.

It was so hard to cross the border...

Anyway, I simply explain crossing the border from Cancun to Guatemala.
I went from Cancun to Chetumal,
and stayed one night.
Still Chetumal, it's so smoothly to come,
but I faced a lot of problem at the border from Chetumal to Belieze,
and from Belieze to Guatemala.
(I couldn't have enter Guatemala, if I haven't go through Belieze.)


Almost forigeners went through so smoothly,
but I was stoped by the immigration staff!
Oh my god!
I throwed away my Mexican visa gotten at the airport!
That's because my guide book give me the information
that it isn't nesessary for Japanese to enter Mexico with visa.
But I got a small paper at the airport,
and that is a alternative visa!



Fellow passenger, Italian madam said 'That is a big problem',
and...
I was almost crying and thought
'Oh my god, maybe I can't cross the border today...'

But...
Wow!! They told me that I could go through the border,
if I have pay extra money.
I was surprised. but 'that is the developing country!'
But...
It was a bribe, wasn't it??

Anyway, I thought again,
'I'm happy that money soluted everything!
(and moreover this time, it cost cheap!)'
And I know I had a mistake,
so I have to fix my bad point!

After that I was walking to my bus,
and I thought 'I can go out from Mexico!'
………………


I didn't know,
but I falled dwon the hole!

I thought why was there a hole??
It was like a comedy^^;
Fellow passengers tried to picked me up,
and I could go up from the hole.

'Today is your unfortunately day!'
Canadian guy said.


And then, I entered Belieze.
But...
again! only me...
The immigration staff said,
'You need a visa!(Europian, American and Canadian don't need visa!)'
So I apply to visa, because I have no choice,
but! it cost US$50!!
I only have a Mexican peso,
but they said
'You have to pay US$ or Belieze$.'
So they took me to money exchenger who seems very dubious...
but I had no choice, so I asked him to exchange.

We drove for a while,
and next I had to exit from Belieze,
and to enter Guatemala.
And the immigration staff also said,
'You need US$ or Guatemala money.'
Again I had no choice,
so I went to money exchenger,
but they were asking me crazy expensive rate!
So I tryed to ask them to discount...

Anyway finally one french girl
who were getting on the same bus helped me.
She had a US$, and she could exchange!



Eventually I had to pay about US$80
in order to cross the border from Cancun to Guatemala.
Don't you think it's too expensive??
They seems to get a lot of money,
because they want to get foriegn money
(They can't earn another way).


By the way,
I tried to get some information about crossing the border,
but I really could get few information,
and guide book give me the information I don't need visa.

But...
Indeed, when I went to the border,
there were a lot of problem for me.
Anyway it's so hard for me to cross the border,
but fellow passengers help me a lot!
I appriciated it!
[PR]

# by noetabi | 2009-01-20 11:12 | メキシコ

カンクン到着!   

2009年 01月 18日

b0157430_12482396.jpg


久々のしつこい客引き。
あー、メキシコに来たんだなあとここで実感。

空港から出ると、温かい!
こっちは夏前くらいの気候です。
でも、暑すぎずとても過ごしやすい!
NYから来たら、もう本当に楽園ですね。

b0157430_12441136.jpg

着いて、最初の日は一人で外食しました。
とても辛かったけれど、タコスもスープも美味しかった。
食堂でお腹一杯食べて、日本円で700円くらい。
それでも、こっちでは高いみたいで…、
次の日、屋台へ行ったらタコスが
60円くらいで食べることができました。
b0157430_12474998.jpg

明日、グァテマラ国境へ向かいます。
途上国での一人旅、ワクワクしますな。

English Version

I was arriving at Cancun!

I haven't experienced annoying sales for a few month,
so I felt I was coming Mexico!

I went outsid, it's so warm!!
Here, the weather is like early summer,
and it isn't too hot, and it's good for me.
I feel Cancun is paradise,
because I came from NY!!

First day I went eating by myself.
I ate tacos and Mexican soap.
It was so spicy, but very delicious!

I was so full, and it's so cheap, about 700yen($7).
But for local people it's a little bit expensive,
next day I went to the park, and eat tacos at food stand,
it's about 60yen($0.8)!!

Anyway tomorrow I'm going to the border of Guatemala!
For the first time, I'm traveling by myself at the developing country.
I feel so excited!!
[PR]

# by noetabi | 2009-01-18 12:50 | メキシコ