<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

ティカル~リオドルセ~そして、シェラに到着。   

2009年 01月 27日

やはりティカルは美しかった…。

念願のティカル遺跡へ行ってきました。

アルゼンチンの山パタゴニアとアコンカグアへ行くため、
アルゼンチンの山の麓メインドーサでファームスティをするため、
時期的に全てをこなすことは難しいとの判断から、
当初は泣く泣くティカル遺跡を飛ばす予定だったのですが…。
12月に、今グァマテラに滞在中の友達の妹からメールがあったので、
急遽予定を変更して、このルートを辿っています。

私としては、ティカルを飛ばすことはかなり勇気を
振り絞って決めたことなので、このルートに変更して、
「やっぱりティカル行けってことかあ」とか思いながら
のトレッキングとなりました。

何故、私がティカルへ行きたかったのか、というと。
それは、私がこの旅を始めるきっかけとなった本、
『行かずに死ねるか!』の作者である、
石田ゆうすけさんに出発前に本人から直接オススメされた場所なのです。

かなり、ミーハーな理由かも知れませんが、
そういうワケで…、
次回、ゆうすけさんに会ったときに話したいというのもあり、
ここに行くことは、かなり力が入っていました。

b0157430_183584.jpg

めちゃきれかったですよ。
遺跡はものすごい急傾斜の階段で、
そこをビビリながらも上り、
早朝のジャングルの中に見えるティカルを見ました。
b0157430_11148100.jpg

b0157430_193254.jpg

ものすごい角度の階段にビビりながらも、ティカルに登りました。

そして、リオドルセにアンティグアを経てシャラに到着。

フローレスから4時間バスに乗り、リオドルセへ。
ここでは、ジャングルの中にあるホテルに宿泊。
バス停から電話したら、なんとボートで迎えに来てくれ、
ボートに乗ってホテルまで。
ホテルに着けば、孤島でどこにも行けず、
できることはリラックスするのみ。
長い長い移動の後だったので、すごくゆっくりできて、
とても良かったです。
b0157430_1132418.jpg
b0157430_114122.jpg


次の日、火山があるアンティグアへ。
ここは通り過ぎ、一泊しただけで、
そのまま最終目的地のシェラへ。

この道中、スペイン語が話せない私は予想以上に
苦労し、ストレスで唇が切れました…笑
只、ホテルが一緒だったフランス人のおっちゃんが
アンティグアまで連れて行ってくれ、
そして、シェラに着けば、グァテマラ人のお兄さんが
単語会話の私をホテルまで連れて来てくれ、
(しかもバス代も払ってくれて!)
本当に、久々の長距離移動に言葉の問題、
その他色々重なったけれど、
マジで人は全員良かったです。

無事、ふきと合流。
シェラは標高約2300Mで、
たくさんトレッキングポイントがある場所です。
ここでしばらくスペイン語を勉強しながら、
山登りのトレーニングを積み、パタゴニアへ向かいます。


English Version


Tikal is still so beautiful!!

I went to Tikal which I've wanted to go for a long time.

Once I abandoned going to Tikal,
because I wanted to climb mountain of Aconcagua and Patagonia,
and to stay the farm in Mandoza.
I thought it's difficult to do every plan only a few months.

But...
My friend's younger sister is living in Guatemala now,
and she sended e-mail to me last December,
so I decided to go to Guatemala.

※And..., this time I decided to give up going to Aconcagua.


Actually it's hard for me to abandon skipping Tikal,
so at that time I thought this is my destination to go to Tikal!
Anyway, why do I want to go to Tikal?
That's because Yusuke directly recommended this place for me.
Yusuke Ishida is the author of 'I can't die, if I can't go abroad.'
(He is one of my favorite author in Japan.)


It's a very simple reason that I wanted to go there,
but I want to talk with him about Tikal next time,
so I wanted to go there very eargerly!!


It's so beautiful!!
The heritage have a very steep stairs.
I was so afraid of the steep stars,
but I climbed that,
and I saw Tikal sorrounded by jungle.



I went to Rio Dolce and Antigua, and finally I arrived at Xela.

It took 4 hours by bus from Flores to Rio Dolce.
I stayed the hostel in jungle at Rio Dolce.

After I called to hostel from the bus station,
hostel staff picked me up by boat!!
After I arrived at hostel,
I couldn't go outside,
because it was a very small island.
I had no choise to be relax...^^;

But, I was so tired, because of a long distance moving by bus,
so I was so happy, and relaxing was good for my body.

Next day, I went to Antigua,
but just I stayed one night, and go through there.
And I reached the final destination, Xela.
On the way,
it's more hard to communicate with local people
without Spanish than what I thought.
So, my lips was cut, because of stress^^;

But one French man spoken Spanish took me to Antigua,
and one local man sitting next to me in the bus
took me to hostel in Xela(and moreover he paid my bus fare!!).
I really think everybody I met on the way are so nice,
though it's so hard to move a long distance and
to communicate with local people.


Anyway I could meet Fuki.
Here, Xela is located about 2300M,
and there are a lot of place of treking.
So for a while,
I will study Spanish and trrain for Patagonia.
[PR]

by noetabi | 2009-01-27 01:14 | グァテマラ

グァテマラに着きました。   

2009年 01月 20日

グァテマラに着きました。

b0157430_11104966.jpg


とても大変な国境越えとなりました…。

とりあえず、カンクンからグァテマラの国境越えを
簡単に説明しますと。
カンクン→チェトゥマル(メキシコ国境)
ここで一泊しました。とりあえず、ここまでは問題なかったのですが。
チェトゥマル→ベリーズ
(メキシコとグァテマラの間にある国で、
ここを経由しないとグァテマラには入れません。)

他の外国人がサッサとイミグレを終わらせているのに、
私はなんと止められた。
そう、メキシコビザを空港で間違えて捨ててしまっていたのだ!!
メキシコはノービザで入れると歩き方に書いていたので、
パスポートのスタンプだけでいいと思っていたら、
空港で貰った、小さい紙がビザ代わりらしかったのだ。

イタリア人のおばさんに、
'That's a big problem!'
とか言われながら、
「あー、今日は国境越え無理かなあ。」
と泣きそうになっていたら、
なんと、出国税を倍払ったら通してくれるとのこと。
さすが、途上国。
でも、これって賄賂ではないのか…。
ともかく、ほんまに今回は改めて思った。
「金で解決できて良かった~(少額だったしね)。」
そして、自分の行動に反省です…。
とりあえず、出国できた~と思って、
パスポートのスタンプを確認しながら歩いていたら、

穴にはまった!

何で、こんなとこに穴?
ほんまにコントみたいでした。
皆に引っ張られて、穴から脱出。
「今日はついてないね」とカナダ人のお兄さんに言われながら、
バスに乗る。


そして、ベリーズ入国。
そこで、また私だけ…。
(ヨーロピアン、アメリカ人、カナダ人はビザが必要ないらしい。)
「ビザが必要だ」と言われその場でビザ申請。
なんと!US$50も払えと言われる。
メキシコペソしか持っておらず、ペソで払おうとしたら、
USドルか、ベリーズドルで払えと言われ、
「持ってない。」
というと、これまた怪しい両替商のところへ連れて行かれ、
仕方なしにそこで交換してもらう。

しばらく走り、次はベリーズ出国とグァテマラ入国。
そこでもまたUSドルが必要だとのこと。
仕方なしに両替商のところへ行ったら、
高額なレートだった為、値切っていると、
同じバスのフランス人の女の子がペソと交換してくれるとのこと。
助かった~。

そんなワケで、カンクン→グァテマラ国境越え。
日本人だと、トータルなんとおよそUS$80!!
すごくないですか??

何でも、ベリーズとグァテマラは
外貨の収入が欲しいため、ここでかなり稼いでいるらしい。

ちなみに、断っておきますが、一応情報収集はしていったんですよ。
でも、本当に情報がなかったのと、ビザは基本的に必要ないと
ガイドブックに書いてあったのです。
国境へ行って、蓋を開いたらこんな感じでした。
とにかく、色々大変だったけど、一緒のバスの人がかなり助けてくれました。
本当に感謝です…。

b0157430_11122257.jpg


カンクン→グァテマラ(フローレス)国境越え情報まとめ

①バス
カンクン(Cancun)→チェトゥマル(Chetumal)
・所要 直行5時間半、鈍行7時間
・バス一時間に数本出ています。

チェトゥマル(Chetumal)→フローレス(flores)
・所要 8~9時間
・AM5:00,AM6:00発

②国境
メキシコ出国:100ペソ
ベリーズ入国:US$50 or ベリーズ$100 (ビザ申請)
ベリーズ出国:US$15 or べリーズ$30
グアテマラ入国 US$3 or グァテマラ?ケツァル

※事前にUSドルを作っておきましょう。


English Version

I was arriving at Guatemala.

It was so hard to cross the border...

Anyway, I simply explain crossing the border from Cancun to Guatemala.
I went from Cancun to Chetumal,
and stayed one night.
Still Chetumal, it's so smoothly to come,
but I faced a lot of problem at the border from Chetumal to Belieze,
and from Belieze to Guatemala.
(I couldn't have enter Guatemala, if I haven't go through Belieze.)


Almost forigeners went through so smoothly,
but I was stoped by the immigration staff!
Oh my god!
I throwed away my Mexican visa gotten at the airport!
That's because my guide book give me the information
that it isn't nesessary for Japanese to enter Mexico with visa.
But I got a small paper at the airport,
and that is a alternative visa!



Fellow passenger, Italian madam said 'That is a big problem',
and...
I was almost crying and thought
'Oh my god, maybe I can't cross the border today...'

But...
Wow!! They told me that I could go through the border,
if I have pay extra money.
I was surprised. but 'that is the developing country!'
But...
It was a bribe, wasn't it??

Anyway, I thought again,
'I'm happy that money soluted everything!
(and moreover this time, it cost cheap!)'
And I know I had a mistake,
so I have to fix my bad point!

After that I was walking to my bus,
and I thought 'I can go out from Mexico!'
………………


I didn't know,
but I falled dwon the hole!

I thought why was there a hole??
It was like a comedy^^;
Fellow passengers tried to picked me up,
and I could go up from the hole.

'Today is your unfortunately day!'
Canadian guy said.


And then, I entered Belieze.
But...
again! only me...
The immigration staff said,
'You need a visa!(Europian, American and Canadian don't need visa!)'
So I apply to visa, because I have no choice,
but! it cost US$50!!
I only have a Mexican peso,
but they said
'You have to pay US$ or Belieze$.'
So they took me to money exchenger who seems very dubious...
but I had no choice, so I asked him to exchange.

We drove for a while,
and next I had to exit from Belieze,
and to enter Guatemala.
And the immigration staff also said,
'You need US$ or Guatemala money.'
Again I had no choice,
so I went to money exchenger,
but they were asking me crazy expensive rate!
So I tryed to ask them to discount...

Anyway finally one french girl
who were getting on the same bus helped me.
She had a US$, and she could exchange!



Eventually I had to pay about US$80
in order to cross the border from Cancun to Guatemala.
Don't you think it's too expensive??
They seems to get a lot of money,
because they want to get foriegn money
(They can't earn another way).


By the way,
I tried to get some information about crossing the border,
but I really could get few information,
and guide book give me the information I don't need visa.

But...
Indeed, when I went to the border,
there were a lot of problem for me.
Anyway it's so hard for me to cross the border,
but fellow passengers help me a lot!
I appriciated it!
[PR]

by noetabi | 2009-01-20 11:12 | メキシコ

カンクン到着!   

2009年 01月 18日

b0157430_12482396.jpg


久々のしつこい客引き。
あー、メキシコに来たんだなあとここで実感。

空港から出ると、温かい!
こっちは夏前くらいの気候です。
でも、暑すぎずとても過ごしやすい!
NYから来たら、もう本当に楽園ですね。

b0157430_12441136.jpg

着いて、最初の日は一人で外食しました。
とても辛かったけれど、タコスもスープも美味しかった。
食堂でお腹一杯食べて、日本円で700円くらい。
それでも、こっちでは高いみたいで…、
次の日、屋台へ行ったらタコスが
60円くらいで食べることができました。
b0157430_12474998.jpg

明日、グァテマラ国境へ向かいます。
途上国での一人旅、ワクワクしますな。

English Version

I was arriving at Cancun!

I haven't experienced annoying sales for a few month,
so I felt I was coming Mexico!

I went outsid, it's so warm!!
Here, the weather is like early summer,
and it isn't too hot, and it's good for me.
I feel Cancun is paradise,
because I came from NY!!

First day I went eating by myself.
I ate tacos and Mexican soap.
It was so spicy, but very delicious!

I was so full, and it's so cheap, about 700yen($7).
But for local people it's a little bit expensive,
next day I went to the park, and eat tacos at food stand,
it's about 60yen($0.8)!!

Anyway tomorrow I'm going to the border of Guatemala!
For the first time, I'm traveling by myself at the developing country.
I feel so excited!!
[PR]

by noetabi | 2009-01-18 12:50 | メキシコ

いよいよ中米・南米へ   

2009年 01月 18日

いよいよ中米・南米へ

NYで姉夫婦が寿司へ連れて行ってくれた。
しばらく日本食ともお別れになるだろうと
思って、何が食べたい?と聞かれ、
迷わず「寿司!」と答えた。
b0157430_12412919.jpg

ブログの文面にも出ていたと思うけれど、
かなり旅への気持ちがダウンしていた。
やはり、長期旅行はかなりのエネルギーがいるのだ。
ヨーロッパへ入った辺りから緊張感が緩み、
それと同時に疲れも出て、
それまでの道中、やはりリラックス出来ていなかった、
ということに気付いた。
「あー、もうお家欲しい。」
「日本食恋しい!」
と思っていたこの数か月。


でも、やっとこさ心の底から
出発前と同じくらいのエネルギーが湧いてきました。
「やっぱり、私は世界を見たいんや」とNYで改めて思いました。
今、メキシコ行きの飛行機の中でこの文章を書いていますが、
もう完全にサバイバルモードのスイッチ入りました。

行くで、途上国!
ワクワクして、めちゃ美しい景色見て、
カルチャーショック受けたりしながら、
中米・南米行ってきます!

English Version

Finally I'm going to Central America and South America.

My sister and brother in law took me to Sushi restrant in NY.
I thought maybe I won't be able to eat Japanese food for a while,
so my sister asked me 'What do you want to eat?'
I said without wondering 'Sushi!'

I'm so tired about my trip,
though I wrote on my blog...^^;
I think I need a lot of energy
if I want to do a long-term traveling.
Since I got to Europe,
I felt letting go of my tension,
and I also feel so tired.
So I realized I wasn't be relax on my trip.
I thought like above for a few month,
'I want to get my home.'
'I want to eat Japanese food.'


But, I really got my energy again,
same as the last time I depart from Japan.
I thought again,
'I want to see the diversity in the world!'
I'm writing in plane bounds for Mexico,
but I've already switched from relaxing mood to survival mood.
[PR]

by noetabi | 2009-01-18 12:41 | アメリカ

世界に誇る日本の文化とは。   

2009年 01月 18日

世界に誇る日本の文化とは。

外国人が日本をどう見ているのか?

外国人から見た一般的な日本のイメージとは、
「トヨタ(その他車会社)」
「ソニー(コンピューターゲーム)」
「マンガ」
この3つだと思う。


どこの国へ行っても、この3つは皆が知っていて、
「日本人です。」と言うと、
大抵、この3つのどれかの話になるか、
日本のイメージが特にないかどちらかだ。
もちろん、日本へ行ったことのある外国人、
もしくは日本に特別興味のある外国人は、
「侍」とか「京都」とか「東京」とか色々な話題が出てくるが、
そういう人を除いての一般的な話です。

先週、土曜日にオビリンで英語クラスの生徒に
中国鍋パーティーに招待してもらったので、行って来た。
その中の生徒の一人に、日本語を熱心に勉強している子がいて、
しばらく日本語でお話した。
彼女に、
「何故、日本語を勉強し始めたのか?」
と聞いたところ、
「最初はセーラームーンを読んで、
 それからマンガを原文で読みたいと思ったから、始めたんだ。」
とのこと。
そして、彼女はこう付け加えた。
「私と一緒に日本語を勉強している子は、
 皆、マンガを読みたくて頑張ってるみたいよ。」


それから、しばらく話をしたが、
「日本のマンガは芸術だ」とか
「ストーリーが深くて、小説みたいだ。」
とか、日本のマンガについて、とても熱く語ってくれた。
何だか、改めて外国人から日本の作品について
こういう風に聞くことは、とても新鮮で面白かった。


日本人の繊細さ。

まあ、とにかく日本のマンガはやはりすごい。
世界中、どこに行っても知られているだから。
やはり、ここでも思うことだが、
日本人の繊細さ、これが出ていると思う。
日本のマンガに比べて、
海外のマンガは絵やストーリーがかなり荒く、
洗練されていないものが多いと思う。


日本人の繊細さは、
世界的な芸術や技術を生み出しているが、
だからストレスがたまるんだと思う。


とは言っても、やはり私は、
日本人のの繊細さは長所だと思う。
繊細な人間は、
考え方のスイッチを変える努力をすれば、
少しずつ細かいことを気にしないように
できると思うけれど、
逆に、鈍感な人間に「繊細になれ。」と言っても、
基本的にはなれないと思うからだ。


というわけで、結論としては、
もう少し楽に考えれば日本は技術も持っているし、
もっと楽しく、そして賢く世界に通用する民族に
なるのでは、と思います。

English Version

What is to be proud of Japanese cultre in the world??

How do foriegner think about Japan?

They generally think that
Japanese image is below three things...
'TOYOTA(or another Japanese company)'
'SONY (or another computer company)'
'cartoon'

I went to many place in the world,
but every foriegners know above things.
So, if I say 'I'm Japanese',
people talking about whichever they know,
or they can't imagine what Japan is.

Of couse, those having been to Japan
or those interested in Japan
are talking about 'Samurai' 'Kyoto' 'Tokyo' and so on,
but I'm talking about general forigners.



Last Saturday, students of English class invited me
to the Chinese hot pot party.
One of the students learns Japanese eagarly,
so I was talking with her in Japanese for a while.

I asked her ' Why do you want to learn Japanese?'
she said 'At first I red 'Sailor moon',
after I wanted to read cartoon in Japanese.'

And she added,
'I think most of student's motivation came from cartoon.'


and then I talked with her for a while,
she said,
'Japanese cartoon is a art'
'Story is very deep like novel.'
and so on...,
she talked about Japanese cartoon so eagarly.
I was so interested in her talkings,
it's fresh and interesting for forigners to talk about Japanese culture.



Japanese pepole's delicate point

Anyway, Japanese cartoon is great.
Every forigner know it.
I still think Japanese cartoon is also so delicate,
because story and picture is delicate much more than forign ones.
It looks very smart and polished.


Japanese dalicate point makes great art and techenique,
but on the other hand, people feel stressful.


I still think Japanese dalicate point is good point.
Because it's more easier that
delicate person try not to be care in detail.
On the other hand, it's so difficult
for dulness person to be more delicate.


So consequently I think
Japanese people should try to think more easily about everything.
[PR]

by noetabi | 2009-01-18 12:38 | アメリカ

久々の学生生活   

2009年 01月 11日


寒い…。

b0157430_754956.jpg

今、オハイオの義妹(?)の家にいます。
彼女との関係。
うちの姉の旦那さんの妹です。
これは義妹というのでしょうか??
いつも、説明するときに義妹です、
と言った後で、どのような関係かを説明して、
相手が混乱して、
「まあ、とにかく親戚です。」
という話で終わります。

ともかく、オハイオにいます。
ここは、めちゃくちゃ寒くて、雪が10センチ以上積もっています。
昨日は、夜中にそり滑りに行ってきました。
小さい頃のそり滑りのイメージを浮かべながら、
「行きたい、行きたい!」
と行ったのですが、とんでもない!!
めちゃくちゃ怖い、ど迫力。
ものすごいスピード出るし、
止まらないし、
暗いし、
雪で前見えへんし、
最後は、雪に転がってぐちゃぐちゃなりました。
でも、ものすごいワクワクしました。
寒かったけど…。


久々の学生生活。
b0157430_77414.jpg

学校のキャンパスです。

ここ、オビリンに来て最初の夜、
エラ(義理の妹)のルームメイトが彼女らの大学で
フリーの英語クラスをやっていることを教えてくれた。


行ってみたら、英語のクラスと聞いていたのに、
皆ペラペラ。
「何で??」と思いながらも、
どんどん「のえはどう思う??」
と振られ、辛かったけど、
「まあ日本人やし、ただの旅行者やし。」
ってことで開き直って、
わからないことは聞きながら、何とかやっていた。
とりあえず。一人の生徒が熱心に「明日からもおいで」
と誘ってくれるので、結局3日間参加することに。

最終的にわかったことだが、
このクラスは生徒が立ち上げたフリークラスで、
生徒が交替で先生をしており、
参加者のほとんどが先生で、アメリカ人だった。
実際の生徒は中国人3人と私だけ。
そりゃ、皆ペラペラやわな…。


最後の日に、プレゼンする機会があった。
題材は何でもいいとのこと。
というわけで、私の世界旅行についてプレゼンしました。
皆、とても興味を示してくれ、
たくさん質問してくれて、
何だか本当に学生に戻ったようでした。


また、そのクラスの一人が、
オビリン大学で日本語を教えている
黒沢先生という方を紹介してくれました。
金曜日のお昼に日本語を勉強している生徒達とランチしてから、
黒沢先生と少しお話しました。

何だか、海外で活躍する日本人女性という感じで、
とても刺激を受けました。
今、私が興味を持っていることについて、
たくさん話すこともできて、
とてもいい時間を過ごせました。
b0157430_785473.jpg

黒沢先生と。

English Version

It is so cold!!

Now I'm in Ohio, my sister in law's(?) house.
She is my sister's husband 's younger sister.
Is it called 'sister in law' ??
I always explain for somebody
that 'she is my sister in law.'
after, I add in detail.
And people are always confused about our relation.
So I eventually say,
'Anyway she is my family.'
that's it.

Anyway I'm in Ohio.
Here is soooo cold,.

and the ground is covered with snow more than 10cm.
Yesterday midnight I went sliding with her many friends.
and I imagined sliding is so easy and very fun,
and I said 'I want to go, I want to go!!'

but...
No way!!
It was so scaring, and so exciting.
It was getting so fast,
and not stopping,
and outside is so dark,
and I couldn't see anything because of snow.
Finally I was rolling on the ground^^;

I'm so enjoying,
though it was super cold...



After a long time I got back to collage student.

When I came here, oberlin at first night,
Alya's roommate told me that
I could go to free English class at their collage.

So, I went there.
But...
Most of them can speak English very very well
and so fast like native American.
I thought 'Why??'
Anyway, I joined that class,
and they asked me a lot 'How do you think, Noe??'
So, I felt a little bit tough,
but I rethought
'It's ok, because I'm Japanese, and I'm just traveller.'
and I asked anything I don't know,
and then I got through the class.
One student told me eagerly that
'You can come this class from tomorrow, if you want.'
So I decided to join the class for three days.

Eventually I got it
that this free class is started by student,
and most of them are teacher and American.
Indeed real student is three chinese girl and me, that's all.
Well, make sense. That's why they speak English very very well...^^;

Last day, I had to make a presentation whatever I want to show off.
So, I made a presentation of my world trip.
A lot of student seemed intrested in my trip,
so they asked me a lot of question about my trip.
I really felt as if I were a collage student.


And...
One of the student introduced me Japanese teacher,
Kurosawa sensei in Oberlin collage.
Then Friday afternoon, I had a lunch with students learning Japanese,
after I talked with Kurosawa sensei.

She inspired me as a same Japanese woman,
because she seems doing something so actively.
I could talk with her about something I'm now interested in,
so I spend a great time with her!!
[PR]

by noetabi | 2009-01-11 07:09 | アメリカ

あけましておめでとうございます。   

2009年 01月 10日

遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます。

2009年になりました。
去年一年、ありがとうございました。
皆さま、今年も宜しくお願い致します。

それでは、まず今年の抱負を。
「今年は更にサバイバル能力をつけたいと思います!」
世界的に不況の世の中で、
日本ではワーキングプアの若者も増えているようですが、
どんな状況でも生き抜ける力をつけていきたいと思います。
まあ、具体的には…、
・どんな状況でも楽しむこと。
・叩かれてもメゲない気持ち。
・いざとなったら、「死んでないし大丈夫」という開き直り。
・少ないお金で生き伸びる技術を身につける。
 ※ちなみに、今は裁縫をしています。


昨年は、私にとって大きい動きのあった一年でした。
会社を辞め、世界一周をスタートさせました。
皆に心配され、応援され、出発しました。
旅でたくさんの人に出会い、
助けてもらい、
人の温かさを知り、
そしてまた一方で、
危ない目にも遭いました。

今年もまた自分が大きく変化する年だと思います。
旅のスタンス、
やりたい事、
帰国後の自分、
等々…、
自分の気持ちもどんどん変化していくのではないかと
思っていますが、
あくまでも真っ直ぐに楽しく、
そして何をするのも、
自分に責任を持って、、
自分のために選択していくことが、
今後の自分に繋がるだろうと思います。

ちなみに、NYでの年越しはとても楽しかったです。
姉の家でパーティをし、
テレビでタイムズスクエアの年越しライブを見ながら、
カウントダウンしました。
b0157430_23533649.jpg

姉と一緒に年越しです。
写真はプロのフォトグラファーのだいすけさんに撮って頂きました。

English Version

I'm late to update my blog,
but...

A Happy New Year !!!

It becomes 2009.
Thank you for last year !!

At first, I want to say this year's resolution.
''I want to get a ability of survival more and more.''
Now we are in the middle of recession in the world,
and in Japan there seems a lot of young peple
who don't have a enough working,
so I want to be strong much more than before
as I can get over something problem for any circumstances.
For example,
・I will be enjoying everything for any circumstances.
・Don't be losing if somebody hit me.
・When needed, I rethink that 'It is ok, because I'm not dead.'
・I have to get a ability of living with a few money.
@ Now I'm learning sawing^0^/


Last year, for me it's so big year,
because I quit my job,
and started my round world trip.
Many people were worried about me, and support me,
and then I departed for many foriegn country.

I met a lot of nice people,
and they helped me a lot.
I learned a warm human relationship from them.
On the other hand, I experienced so scared things.


I think this year is also changinng a lot of things.
For example,
my trip style,
the things what I want to do,
myself after I go back to Japan ,
etc...

Maybe my mind will be changing at different times,
but the most important thing is I have to realize
that everything is my choice.
So I'll simply do what I want to do,
and have a responsibility for myself.
I think everything in my trip lead in my future.


By the way, I was enjoying my New Years Day at NY.
New Year's Party was held at my brother and sister's house,
and we counted down with a lot of their friends
while we watched the count down TV of Times Squea^.^
[PR]

by noetabi | 2009-01-10 23:57 | アメリカ