カテゴリ:イスラエル( 4 )   

発見!!新しい楽しみ方。   

2008年 08月 31日

b0157430_646236.jpg
キリストが歩いた道へハイキングへ行った。ハイキングと言ってもかなりサバイバルなハイキング。
多分、日本人の感覚ではこれはハイキングと言わない。
ハイキングコースの途中に川があって、途中、服やカバンを持ったまま泳ぐ。道になっていない崖を歩いたりもする。

ものすごくハードで、しんどくて…、何でそんなにしんどいことをするん??といったコースだ。
でも、やり終えてから気付いた。楽しい…。本当に楽しい…。今までにない楽しさ!
この楽しさは、姉の旦那家族から学んだ。
皆が、このハイキングに関して声を揃えて「めっちゃ楽しいから行ってこい」と勧めてきた。「何で??そんなにしんどいのに?」と思っていた。でも、やってみて思った。しんどいことをした分だけの景色が返ってきた。感動…。
b0157430_6472232.jpg

世界旅行をしていて、本当に壮大でキレイな景色は山を登るなど、それなりにしんどいことを経ないと見られないことが多い。最初は、「しんどいなあ」としか思っていなかった。けれど、それをやり終えた後の達成感や、すばらしい景色に感動すること、実はそれがとても面白いということに、このハイキングで気付いた。

そして、私はスーパークリアな目標が出来た。
「アコンカグアを登る」
アコンカグアとは、アルゼンチンにある標高6000メートルの山。18日掛けて登るので、18日分の着替え、寝袋、食糧という大荷物を持って登山する。日本人は特に高山病になりやすいため、いくつか富士山級の山を登ってトレーニングし、登山前には標高に慣れる必要があるらしい。そのトレーニング場所に適しているのは、パタゴニアだということ。実は、かなりお金も掛かるとのことで、悩んだけれど、この数日で山に登りたいという気持ちが高まった為、年明けあたりから、アコンカグアに向けてトレーニングをします!

ま、とりあえずは意気込みですわ。
[PR]

by noetabi | 2008-08-31 06:48 | イスラエル

イスラエルという国   

2008年 08月 23日

旅に出て一ヶ月が経った。

私は、今イスラエルにいる。
b0157430_448175.jpg
イスラエルは男女関係なく国民全員に徴兵制があり、兵隊へ行く義務がある(一部、宗教上の理由で行かない人もいるらしいが、他の国民からはあまり良く思われていないらしい)。街では、どこを見渡しても兵隊がいる。銃を持ち歩いている人もいる。各家庭には、シェルター(防空壕の現代版)があり、窓はシャッターが閉まるようになっている(爆撃避け)。
レストランやバスターミナルに入るのに、荷物チェックがある。普通、日本人が思う荷物チェックとは、鞄を開けて中身をチェックすることだけれど、ここでは開けずに荷物の重さをチェックされるだけに留まった。不思議だなあと思っていたら、どうやら爆弾が入っていないかを重さでチェックしているらしい。

ここは先進国。インドから来た私は、水道からお湯が出ること、トイレが流れることに感動した。日本とそれほど違いはなく、何も困ることはない。でも、所々で「おぉ!」と大きな違いを感じる。やっぱり、ここは隣国と問題が絶えない国。皆が、何かあったときの備えをしている。

でも私は、「日本は平和だから、安全だから良かった」「中東はやっぱり怖い」とは単純には思えない。
もちろん、平和が一番いい。皆分かっている(と思う)。
でも、やっぱり人間はどうしても争ってしまうのだと思う。この一ヶ月、色んな国を訪れて思ったのは、人の強さとか人の潜在的な戦う習性とか。
インドで子供にスリをされそうになったとき、私は、必死でその子を追いかけて捕まえた。結局は何も捕られていなかったのだけれど、その子は私の横で警察にボコボコにされて、どこかに連れていかれた。その子供だって、盗らないと生きていけないから盗るんだと思う。とにかく、弱肉強食の世界。それを肌で何度も感じた。
だから、平和がいいけど、単純には「銃を持っているから悪い」とは言えないと思う。それが、私がここに来て感じたこと。皆、平和を願っているけれど、銃は持っているとう現実。どうするのが、スッキリいい感じになるのかなあと考える今日この頃です。

ところで…、中東はごはんがとても美味しい。
そして、今日は8月が誕生月の人、3人まとめて誕生日会を開いてもらった。
御馳走食べました(^O^)
驚くこともたくさんあるけど、食も風土も中東は日本人との相性がいいと個人的には思う。だから、私は旅先として中東はオススメの土地だ。
b0157430_4493033.jpg

誕生日パーティの御馳走
b0157430_450143.jpg

ケーキも全部手作り
b0157430_4502879.jpg

3人で一斉に!
[PR]

by noetabi | 2008-08-23 04:51 | イスラエル

28歳になりました。   

2008年 08月 21日

b0157430_9532916.jpg

今、イスラエル時間で夜中の3時。
さっきまでエルサレムのフェスティバルに行っていた。

義理の兄がヘブライ語を話せるため、ここでは色々な経験が出来ている。本当に普通の旅人ではできない経験をさせてもらって、感謝感謝の毎日。

そして、私は今日28歳の誕生日を迎えた。
ずっとずっと前から来たいと思っていた中東で、しかも感動的にもエルサレムのフェスティバルで誕生日を迎えた。これは、やはり縁なのでしょうか。
何となく、数年前から中東は気になっていた。特に一年前から中東に魅力を感じて、来たいと思い続けた。友達や会社の人にヨルダンやイスラエルに行くと行ったら「大丈夫?危ないよ。」とほぼ100%の確率で心配された。でも、何故かわからないけれど、どうしても行きたかったし、何故そんなに行きたいと思うのかも分からないけれど、行きたい気持ちがずっと続いた。
やっぱり縁かなあ…。

今日は、あまりに嬉しくなってしまって、テンションが上がり過ぎて、お釣りをもらい忘れたり(30シュケル、約1000円です。バックパッカーには痛い…)。そんなこともあったけれど、とりあえず、感動です。サプライズでプレゼントまで貰って、感謝感激。このピアスはマジで大切にします!ほんまにありがとう!トゥダ!
b0157430_9521191.jpg

[PR]

by noetabi | 2008-08-21 09:43 | イスラエル

ヨルダン→イスラエル 国境越え   

2008年 08月 19日

b0157430_15384317.jpg

ヨルダンからイスラエルに国境越えしました。意外とあっさり。ボーダーが9時に開くので、8時半頃到着。一番乗り?くらいだったので、混雑もなく9時半頃にはイスラエルに。ここは情勢が緊張しているところだけど、どうしても写真が撮りたくなってボーダーをタクシーから隠し撮り。ところが、国境越えのときに意外にも兵隊さんに止められ、「写真撮るか??」と誘われる。せっかくなので、ボーダーでヨルダン兵と写真を。
b0157430_15392553.jpg

私の隣は、一緒に国境越えしたヒロちゃんです。


イスラエルに入って、すぐにテルアビブ行きのバスターミナルまでタクシーに乗る。

私「バス停までいくらくらい?」
タクシー運転手「大体、35シュケル」
私「OK」
しばらく走って、メーターがついていないことに気付く。

私「メーター、ついてないよ。つけて。」
タクシー運転手「さっき35で、OKって言ったやろ。」
私「いや、OKて払うって意味じゃない、戻ってメーター回して。」
タクシー運転手「じゃあ、ここからメーターつけさせろ、それでも戻るのか?」
私「いいよ、ここからメーターつけていいから、戻って。」
タクシーの運転手はしぶしぶメーターをつけて戻る。
結局、バス停に着いたときには29.5シュケル。払おうとしたら、ボタンをピッと押されて、何故か35シュケルの表示が!!
私「さっき、29.5って出てたやろ(怒)!」
タクシー運転手「いや、荷物料で足して35シュケルだから、払え。」
手元に大きい札しかなかったので、ヒロちゃんに両替に行ってもらう。
その間に運転手が、威嚇してきた。
タクシー運転手「35払わないなら、この荷物を警察に持っていくぞ!」
と言って、ドアを開けたままタクシーを走らせようとする。
あまりに横柄でむちゃくちゃな対応なため、近くのおじさんに助けを求める。
そのおじさんも、「ここはヨルダンじゃない。荷物料はどこでもかかるから、35払え。」と言われ、このまま荷物持っていかれても困るので、悔しいけれど、35を払う。

姉に会ってから、イスラエルでは荷物料は当然なのかどうかを確認。
案の定、そんな制度ないとのこと。

とりあえず、旅に出てから一番横柄な形でぼったくられた!
インド人は常に高い値段を言ってきたけれど、愛嬌があるし、無理矢理払わせようということは一度もなかった。韓国もヨルダンも皆、優しかった。もちろん、イスラエルに入ってから良い人も何人もいたけれど、それでもやはりお国柄が出ている気がした(だってヨルダンには横柄な人いなかったから)。

イスラエルは徴兵制があって、実際、隣国との緊張状態がずっと続いている。街には男女どちらの軍人もたくさんいて、大きな銃を抱えて歩いている。そんな環境のせいか、「平和」「和平」という単語が会話の中で敢えて良く使われるらしい。例えば、電話に出るときの「もしもし」は、ヘブライ語で‘平和’という意味を言う。「シャローン(平和)」というのが「こんにちは」とうことになるらしい。

さて、イスラエルには10日ほどいる。楽しみながら、どんな国かよく観察しよう。
[PR]

by noetabi | 2008-08-19 15:43 | イスラエル