カテゴリ:ヨルダン( 3 )   

中東も終盤です。   

2008年 09月 23日

ブログの更新が遅れました。
中東でブログ更新してなかったので、読んでもらっている人の中で、「こいつは生きているのか」と心配された方もいるかもしてません。
心配御掛けしましたが、中東は非常に治安もよく、私はかなり元気に生きています。

ダハブでダイビングライセンス取得!?

一言で言うと、ダハブは面白くなかったです。
面白くなさすぎて、おかげ様で精力的にも動かず、久々にゆっくりもしましたけれど。
何が?ってお金も時間も掛けて取ったダイビングが、これが本当に最悪だった…。
インストラクターがヒステリックな女性でして、
講習中は「はよせえ」だの何だのでキレるわキレるわ、キレまくる。
エジプト人も引いてましたよ、そりゃ。
そして、ボンベも故障しまくるし、ここに来て、この旅で一番身の危険を感じました。
こんなところで、金払って死にたくなかったので、本気で身の安全を考えつつ頑張りました。

短期旅行者のダイビングマスターであるヤスオさんの
「ダイビングは本来もっと楽しいから、是非続けてよ」
という言葉を信じて、南米でリベンジするつもりです。

が…、仮ライセンス発行できないと言われた上、未だPADI(ダイビング認定してくれる組織)からメールきません。ええかげんにしろ!!と久々にあのヒステリックな日本人のインストラクターに怒りを覚えています。

ここで反省。
日本人だから、言葉が通じるからと言って、仕事あげてはいけない。
多分、あそこには日本語を求めて日本人旅人が集まる。
だから、競争しなくてもいい。
そして、どんどんサービスが落ちるのです。
私も、そうしてしまった一人。
これからは、お金を使うことには、やっぱりサービス提供者の人柄を見て決めようと再度思いました。私も詰めが甘かった…。


ピラミッド
b0157430_1344952.jpg


ピラミッドはやはり大きかった。
人が米粒です。
あれがただの墓??
権力を示すため?
なんやそれ。

でも、ただ大きいだけです。
スフィンクスも特に芸術を感じず、
不細工な顔でした。
タージマハルやぺトラのような美しさはない。
だけど、ただでかいっていうだけで、すごいと思った。
砂漠の真ん中にあんなでかいものがあって、
見ているだけで逞しさを感じた。

私は結構好きです。
入場料はむちゃくちゃ高いけど。


再びヨルダンへ

b0157430_1343741.jpg



エジプトからヨルダンに戻りました。
前回は、南部の旅。

今回は北部に5日間滞在です。
友人の紹介で知り合ったヨルダンで協力隊をしているMちゃんのところにお世話になることに。行くまで会ったこともなかったのに、すごく親切にしてくれて感謝感謝の5日間。
初めて会ったのに、これまた昔の同級生に会ったような錯覚になるくらい普通で、気も遣わずくつろいでしまいました。

ラマダン

Mちゃんのお家はヨルダン北部のイルビット。

ここは、観光客も少なく、非常にムスリム色が強い地域。
ラマダンもエジプトのようにゆるい空気ではなく、がっつり皆がしています。
街で、水を飲むなんて出来ない雰囲気で、レストランも昼間は全てクローズ。
この時期はテイクアウト専門に。
女性が半袖で歩くと、かなり目立ち、非常にハラーム(アラビア語で破廉恥という意味らしい)だということ。
よくこんなに欲を制して生きているなあと感心します。
というか、そんなんでいいの?って思うけど、
まあこうやってずっと生きてきてるんやし、私が言う問題じゃないもんなあ…。

b0157430_13452364.jpg

ラマダン中は、街がラマダン中心の動きとなり、バスも少なくなります。
バスに並ぶ人々です。


b0157430_1346581.jpg

そんな中ですが、北部のジェラス遺跡へ。
パルミラによく似ていると言われる遺跡だそうで、非常に美しかったです。

トルコへ

本日、トルコへ入りました。
まだまだイスラム圏ですが、ようやくヨーロッパの風です。
トルコの街並みは、かわいくて美しい。
インドを経験すると色んなことに感動できますね。
そういう意味でも、インドはやっぱりスゴイ…。

最後に…、最近、感じたこと。

最近、不思議な出会いが結構あります。
不思議な人にも何人か会いました。
偶然ではなく、必然に出会う人がいる気がしたり。
旅していると、感性(野性的勘なのか??)が磨かれるのではないかと思う。
決して、不思議パワーの話をしているわけではなく、人間の潜在的な力は計り知れないものなのではと思ったり。
読んでる人には、意味がわからないかもしれません。
独り言です…。

あと、グローバルな視野を身につけることが大切だと感じます。
もちろん、自分は日本人の発想というのが原点だけれど、
客観的に考えて日本を評価することも必要だし、
日本人として外国人にモノ申すときに、
しっかり言えるようになりたいと思う。

さて、トルコ楽しみます。
[PR]

by noetabi | 2008-09-23 13:56 | ヨルダン

ベドウィンの生活   

2008年 08月 19日

ワディ・ラムというヨルダンの砂漠へ行った。
ここは、ヨルダン王室の環境保護区。ベドウィンの昔ながらの生活を守るためにそうしているらしい。そういうわけで、ベドウィンの生活は、砂漠のど真ん中にも関わらず、観光業も発達しており、食べ物もあるし、水もお湯も出て、電気も通っているという、超リッチな生活。
とても人が良いのは、その豊かさのおかげでしょう。ここの人の笑顔は心が豊かでないと出せない種類の笑顔だ。
b0157430_1426401.jpg

到着して、シャイ(ハーブの入った紅茶)を飲みながら、ベドウィンの方に挨拶。
b0157430_14363182.jpg

ガイドのMahmoudに連れられ、ジープで砂漠をドライブ。
ここでは、日本車がほとんど。1位トヨタ、2位スズキ、3位ミツビシの順に使い易いとのこと。日本の車ってすごいなあと改めて思う。

とりあえず、ポイントに止まりながら砂漠を観光するものの、どこも大した変わりはなく、とにかく大地が広がり、岩山がどーんとある。朝から始まって、ずーっと岩山を見ているだけのに、圧倒的な景色に全く飽きない。ナウシカを聞きながら(一緒に参加した友達持参)、静かに感動。
b0157430_14294818.jpg

まったりした後は…、砂漠を走る、走る、走る。
b0157430_1430189.jpg

結局、頂上まで走り切れず、途中でポーズ。小さいけど、私です。
b0157430_14304891.jpg

これは「首を取られた鳥」という岩らしい。見える?
b0157430_14311939.jpg

そして、日の入り。岩の色が変わって、なんとも言えない美しい景色です。
バックミュージックは、ナウシカかクラシック。
b0157430_1432149.jpg

砂漠とベドウィン。やっぱり砂漠には、この服装が合うねえ。
b0157430_14323482.jpg

そして、夜ごはん。バーベキューと聞いていたのだけれど、ベドウィン式バーベキューは燻製だった!塩だけで味付けしているのに、野菜の甘みが引き出せていて、玉ねぎが特に美味しい。これ、ほんまに玉ねぎ?って思った。燻製ってすごい料理法やな。ベドウィンってものすごい豊かな生活やなと思った。
[PR]

by noetabi | 2008-08-19 14:52 | ヨルダン

ペトラ遺跡へ行ってきました。   

2008年 08月 14日

圧倒的な岩山に言葉が出なかった。
遺跡は、朝・昼・夕方と様々な顔を見せてくれます。日の傾き具合で光の加減が変わり、岩はその時間によって違う色になる。朝行くのと夕方行くのでは、まるで違う岩を見ているような気分になるのだ。
私は、昨日の夕方と今朝の二日行ってきた。まあ、とりあえず言葉では伝えきれないため、とりあえず写真を貼っておきます!
b0157430_23155592.jpg
b0157430_23171818.jpg
b0157430_23182482.jpg

[PR]

by noetabi | 2008-08-14 23:30 | ヨルダン